仮想通貨のBitcoin(ビットコイン)とはどんな仮想通貨なのか。

最近ビットコインや仮想通貨という単語を聞く機会が増えてきていませんか?

そこで今回は、仮想通貨のBitcoin(ビットコイン)とはなんなんだろうという初心者向けの人にビットコインについてまとめてみました。

 

Bitcoin(ビットコイン)とは

Bitcoin(ビットコイン)1000種類以上の仮想通貨がある中で世界初の仮想通貨です。

ビットコインは仮想通貨と言われている名前の通り、現実に存在するものではなく電子マネーのようなものです。

そして、ビットコインは通貨でもあるということです。

これは日本円と米ドルの間で値段が変わったりするように、仮想通貨のなかでもビットコインの値段が変わります。

それも、日米ドルの値段の変化に比べるとかなり激しく変わっています。ここ最近の話で言えば2週間前のビットコインの値段に比べて2倍の差があるといったように価格が変わります。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 

Bitcoin(ビットコイン)と電子マネーの違い

ビットコインは、それ自体が価値を持っていて円やドルと交換することが可能な通貨ということです。

しかし電子マネーは日本円で入金し日本円としてしか使用するしかできません。

このことからビットコインは独立した通貨であり、電子マネーは日本円のポイントという違いがあります。

 

ビットコインはいつでもどこでも送金可能

ビットコインの二つ目の特徴は国内外問わずいつでも、取引所のあるとこならどこでも送金のすることができることです。

その上ビットコインの送金手数料は国外に送金するとしてもとても安いです。

日本国内の国際送金だと2500円ほどかかるところが、今の値段だと400円ほどと明らかに日本の国際送金より安いです。

送金に関するもう一つの特徴であるいつでも送金できるということです。

日本の国際送金だと土日に送金できなかったり、夜遅くでは送金できないと言うようなことがあります。

でもビットコインは24時間365日送金が可能です。

そして、日本の国際送金だと4〜6日はかかるのですが、ビットコインは1日もしないうちに届きます。

 

 

ビットコインの発行量

いま存在する日本円の通貨のようなものは、景気の変化によって発行し続けることができます。

しかし、ビットコインは発行枚数が決まっており、発行量2100万枚が最大の枚数になります。

2017年の時点で1600万ビットコインがすでに流通していますが、すべてのビットコインが発行されるまでには2141年までかかる予定になっています。

ビットコイン以外の仮想通貨は、総称してアルトコインと言われています

アルトコインはビットコインの欠点を補うような形で次々に新しく誕生しています。

中でもよく言われているのはビットコインは送金に時間がかかるため、それを補うアルトコインなどが有名です。

 

なぜビットコインが有名になっているのか

Bitcoin(ビットコイン)だけというわけではないですが、今多くの仮想通貨が全体的に値上がりを続けています。

ということは、早いうちに買っておけば後々値段があがりもともとの値段より高く売れるのでお金が増えるからです。

もっと簡単にいえば、儲けられるからです。

さっきも話したように、ビットコインなどの仮想通貨は今後も需要が伸び、仮想通貨の市場が伸びていくことが予想されます。

なので、仮想通貨を買って放置しておいた一年後には10倍の勝ちになっているなんてことも実際にあったからです。

仮想通貨を持っていたことによって、普通の人が何億も手にする億り人と言われる人まで出てきています。

中には値段が下がってしまう仮想通貨もあります。100円分買った次の日には90円になっていたりというのはあります。

でも、この一年長期的に日本の取引所の仮想通貨を見てみると価値が上がっています。一年前に仮想通貨を購入していた人は増えています。

私の考えでは長期的にみれば、今後も値段は上がり続けていくだろうと考えています。

 

Bitcoin(ビットコイン)を購入できる場所

日本の会社でビットコインの取引のサービスを行っている有名なところはいくつかあります。

そのなかでもcoincheckの取引画面がとても見やすくてオススメです。

また、他の日本の取引所に比べて多くの種類の仮想通貨を扱っているのが特徴的です。

coincheckは少額のビットコインや仮想通貨を購入することも可能です。最低金額で500円から始めることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)