【coincheck】不正アクセスによるコインチェックからの仮想通貨NEM/XEMの流出【記者会見】1月26日の暴落

今回はコインチェック(coincheck)で約580億円分の仮想通貨が流出した問題について、記者会見の内容やいろいろな人の考えについてまとめていきたいと思います。

 

コインチェックで仮想通貨の不正流出

発生事象

1月26日 02:57頃:事案の発生
1月26日 11:25頃:コインチェックにて異常の検出
1月26日 12:07頃:NEMの入金一時停止についての告知
1月26日 12:38頃:NEMの売買一時停止についての告知
1月26日 12:52頃:NEMの出金一時停止についての告知
1月26日 16:33の頃:JPYを含め、すべての取り扱い通貨の出金一時停止についての告知
1月26日 17:23頃:BTC以外の(オルトコイン)の売買の一時停止の告知
1月26日 18:50頃:クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金一時停止についての告知

コインチェックによると、保有しているNEMがほぼすべて不正に外部に送金されました。原因については現在究明中だそうです。

NEM以外のほかの通貨はどうなのか気になるところだとは思いますが、同様の事象は確認されていないみたいです。

 

今回のcoincheckの被害総額

5億2300万XEMがぬすまれる被害にあいました。盗まれた時のレートで約580億円もの金額が盗まれました。

2014年のマウントゴックス破綻したときよりも、被害額がさらにそれ以上になっています。

スポンサーリンク


マルチシグ未対応

今回仮想通貨の流出のあったXEMはホットウォレットと呼ばれるインターネットワークに接続された状態にあるウォレットで管理されていました。

また、コインチェックは採用を推奨されていたセキュリティー技術(マルチシグ)を導入していませんでした。

そのため、ハッカーに狙われたのではないのかと言われています

 

マルチシグとは

普通、秘密鍵一つ(シングルシグ)でやり取りをするのですがマルチシグを採用した場合、秘密鍵は3つ必要になります。

そして、マルチシグを採用した操作の承認は3つの秘密鍵のうち2つが必要になります。これによって秘密鍵の1つがハッキングによって二盗まれても残り二つの秘密鍵がわからなければ盗まれることはありません。

マルチシグを採用しているかは、ビットコインなどのアドレスの先頭の数字を確認することによってわかります。この一番最初の数字が3の場合マルチシグが使われています。逆にシングルシグは1が先頭に来ます。

 

ホットウォレットとは

ホットウォレットとは、常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのことです。ホットウォレットは外部の指示によって手軽に送金が可能であるけど、不正アクセスによって外部に仮想通貨が流出するという面もあります。

逆に、ネットワークから隔離された環境に秘密鍵を保存しておくことをコールドウォレットと言います。

メリットはきちんと鍵の管理をすれば安全です。デメリットは送金に不便という点があります。

100%コールドウォレットで保管している取引所はQUOINEXといところがあります

 

コインチェック内で利確していた日本円を引き出していない

コインチェック内で仮想通貨を日本円に変えたはいいが、まだ引き出していなかった場合どうなるのかということや、税金について心配されている方も多いと思います。

コインチェックが倒産したときは債権者への整理、配分になり、すべてのお金が帰ってこないかもしれません。

またコインチェックの現金引き出しがしばらくできない状態が続き、税金の支払いまでに間に合わない可能性も少しは考えなくてはいけません。

追記
コインチェックによるとNEMは日本円でウォレットに返金されるようです。保証時期や手続きの方法については今は検討中とのことです

スポンサーリンク


100万円は保証されるという噂について

100万円の保証はされるのかという質問を記者会見でされていましたが、保障の内容に該当しないため保証できないとのことです。

またこの保障については実施されていないものですとも記者会見の場で言っていました。要するに考えているだけということです。

もしこの保障が実現したとしても、客のID,パスワードを利用されたわけではないので今回は完全に無関係ということになります。

 

NEM財団の対応について

XEMがコインチェックで流出してしまったことによって、そのXEMに財団の方が協力してくれるといった状態に今なっています。

そこで、NEM財団のこれからの対応などについて簡単にまとめていきたいと思います。

1、現在NEMのハードフォークをすることはない

2、XEMはブロックチェーン上追跡されている。ハッキングされた資金の所在アカウントを表記することは可能だが、アカウントの停止あるいは資金量の変更は不可能。

 

NEM/XEMのメディアによる誤った情報

経済ジャーナリストや町った情報を流すメディアの人たちはNEM/XEMを中華系の仮想コインといったような発言をしていますが、これは完全に間違えです。

また「NEM/XEMは渋谷系の20台の若者に人気」といった発言もよくわからないものであり、年代や住む地域に特に関係なくXEMは購入されています。

私自身も間違えがないように気を付けていますが、誤った知識などが混じっている場合があります。

ですので、このような情報を見ても嘘ですので情報に惑わされないように、自分で噂の事実の確認をするように気を付けて下さい。



今回の件について

仮想通貨業者の管理に問題があったのであり、NEM/XEM事態の問題はなく、NEM/XEMのコミュニティー、財団の方などが協力してくださっているというほどです。

もし、銀行に強盗が入りお金が盗まれたらその日本円の価値はなくなりますか?日本円のセキュリティーがいまいちだったからですか?

もちろん価値はなくなりませんよね、その銀行のセキュリティーの甘さや強盗が悪いわけです

なのでほかの方がもし、NEMはセキュリティーがダメだから盗まれたと言われていても間違えです。

話は変わってしまいますが、コインチェックのCMに出ていた出川さんは一切悪くないので、ネタだとしてもあまり責めないで上げてください。

 

さいごに

さいごに今回の記者会見のことをまとめると、コインチェックでのいろいろな対応については現在検討中

なので、コインチェック公式からの続報を待ちましょう

追記
1月27日、コインチェックがXEMの損失分を日本円で保証するとの発表をしました。

 

シンプルビッグボタン100%コールドウォレットで仮想通貨の保存をしている仮想通貨取引所はQUOINEXです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)