Zaif(ザイフ)のアカウントを登録/開設する方法。マイナス手数料やコインの積立ができる仮想通貨取引所

今回は、マイナス手数料やコイン積立ができるなどで注目されている仮想通貨取引所のZaifのアカウント開設方法について紹介していこうと思います。

 

Zaifのアカウントを登録/開設するメリット・デメリット

登録の前に、簡単にメリット・デメリットの紹介をしていきたいと思います。

まずは、デメリットとしてサーバーダウンが多く暴落時や価格が急に上がっているときなどの取引がしにくい点があります。

次にメリットの面は三つほどあります。

コインの積立投資だできる。これは投資手法の1つである「ドル・コスト平均法」ができるので価格変動の変化に強いです。

手数料がマイナス。手数料がプラスだと私たち(コインの売買者)が手数料を支払いますが、取引額に応じて手数料をもらうことができるという太っ腹プリです。

他のメリットとして、ほかの取引所にはない豊富なトークンがあります。

スポンサーリンク


Zaifアカウント登録/開設方法

まずは、Zaifの公式サイトを開きます。

無料登録をするために、「メールアドレス入力で簡単登録」というところにメールアドレスを入力してください。その後、「無料登録へ」をクリック。

すると入力したメールアドレスにZaifからメールが届いているので確認してください。

 

ZaifからのメールにはURLが書かれています。この赤枠のURLをクリックして次のステップに進みます。

 

メールのURLをクリックすると、下のような画面になります。

ここでは、パスワードを設定します。パスワードを決めて入力した後、「同意して登録」をクリックします。

パスワードは簡単すぎると、登録できなかったり、不正アクセスされるかもしれませんのでできるだけ長いやつを作りましょう。

パスワードの短いなどの基準は強度が50%以上にしないといけません。

 

同意して登録した後、「本人確認手続きを開始」というものが現れます。そのままクリックしますが、このままの状態では、本人書類の提出などができないです。

なので、まずはあなたの基本情報(住所など)を書いていきます。

基本情報の入力

基本情報の入力場所は、画面の右上の「アカウント」というところをクリックすると、下のような画面に代わります。

そこから、一番右にある「基本情報」というところを選択して、あなたの基本情報を入力していきます。

 

(アカウントをクリックすると下のような画面に切り替わるかもしれませんが、基本情報を入力しなくてはいけないのには変わりありません。)

 

本に確認書類の提出

基本情報の入力後は、本人確認書類の提出ができるので提出していきます。

本人確認書類提出の場所は「基本情報」の横の、「本人確認」をクリックするとできます。

本人確認として書類の提出できるのは、「運転免許所」「パスポート」「健康保険証」などが提出できます。

2段階承認の設定

さいごに二段階承認のセキュリティー設定をします。

2段階承認の設定は「基本情報」の4つ左にあり「セキュリティ」をクリックして、「2段階承認の設定」を開いて行います。

2段階承認設定を開くと下のほうに「iOS用のアプリケーション」と「Android用のアプリケーション」があるのであなたの持っているスマホに合わせて下の欄を見てください。

選ぶのはiOSの場合「Google Authenticator – Google Inc.」Androidの場合「Google承認システム」のどちらかをクリックします。

 

下の画像のように、QRコードがありますので、スマホのアプリからQRを読み込みます。

読み込んだ後に2段階承認のアプリ内に6桁の数字を「登録後、2段階承認アプリに表示されたトークンを入力して完了です」のところに入力します。

ここまででアカウントの開設や設定は終了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)