仮想通貨をやっているとよく目にするフィアット(Fiat)とはいったい何なのか

こんにちは、仮想通貨を始めて、有名なツイッターの人たちを見ているとよく「フィアット(Fiat)」や「フィアットに戻す」「フィアットに退避」などの言葉を見かけませんが。

でも正直何なのかわからない、という方に向けて今回フィアットについてお話ししたいと思います。

私も初めて聞いたときは、何のことだと考えていましたがすごく簡単な話なので安心してくださいね。

 

フィアット(Fiat)とは

フィアット(Fiat)とは、法定通貨のことです。法定通貨は中央銀行が発行した通貨のことで、日本では円、アメリカではドルが法定通貨に当たります。

フィアットと呼ばれているのは、英語で法定通貨は「Fiat Currency(フィアット。カレンシー)」というからです。

なので、「フィアットにいったん退避」「フィアットに戻す」といった表現は、日本円に戻すということです。

スポンサーリンク


なぜフィアット(Fiat)に戻すのか

フィアットに戻す理由は二つあります。

一つは利確のためにフィアットに戻す方がいます。利確とは法定通貨に変え含み益を確定させることです。

というのも、仮想通貨を持っているときの利益は、現実的なものではないのです。

なぜならその仮想通貨が暴落すれば、含み益はなくなってしまうからです。なので、そのようなことがないようにフィアットに戻し完璧な利益としているのです。

二つ目の理由は、仮想通貨が一時的に暴落するときの対策です。

このフィアットに戻すことで、一時的に対比し下がったところで買うと、仮想通貨の枚数が増えているわけです。

しかしフィアットにするタイミングを失敗すると、仮想通貨の枚数が減る可能性も出てくるので初めのうちはあまりしないほうがいいと思います。

フィアットに変えたときの欠点は最終的に税金がかかってしまうことです。(フィアットにした瞬間に税金を払わなければいけないということではありません。)

 

フィアットにも交換できる初心者にオススメの取引所

仮想通貨の流出もあり仮想通貨の取引所に不安を持っている方も多いかと思います。

そこで、取引所にずっと預けておくことを考えているならbitFlyerがオススメです。

下のツイートでもあるようにbitFlyerがセキュリティー面で高く評価されています。その上フィアット(日本円)での取引もすることができます。

なので、始めるのをためらっていた方はbitFlyerの口座開設を考えてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)に登録する方法

2018.02.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)