仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)登録方法。セキュリティーのための二段階認証までの方法を紹介

こんにちは、今回は最近全通貨ペアの取引手数料無料キャンペーンを延長するという太っ腹な対応で注目を集めているbitbank(ビットバンク)の登録方法を紹介していきたいと思います。

また安全のために、二段階認証の設定の方法も含めて紹介していきます。

bitbank(ビットバンク)とは

bitbankは金融庁に正式に登録された仮想通貨交換事業者の1つです。

また現在、全通貨ペアの取引手数料無料のキャンペーンを行っている取引所です。

他の取引所では基本的に手数料がかかってくるので、できる限り多くの仮想通貨を買いたいならオススメの取引所になります。

bitbank(ビットバンク)登録方法

まずはbitbank公式サイトを確認してください。

まずはメールアドレスを入力した後、「新規登録」というところをクリックしてください。

すると「メールを送信しました。認証用URLから本登録手続きにお進みください」となるので、入力したメールアドレスの受信箱を確認します。

受け取ったメールの中で、下の画像の赤枠の中のURLをクリックするとパスワードを設定する画面に変わります。

パスワードの設定

次はパスワードの設定を行っていきます。パスワードはできるだけ長いほうが安全です。私は基本的に10文字以上のパスワードを心がけていつも登録しています。

下の画面の枠と同じところに、パスワードと確認用にパスワードをもう一度入力します。そのあとは、下の三つの項目にチェックを付けていきます。

三つの項目に「利用規約に同意します」「取引ルールを理解し、利用することに同意します」「リスク事項を理解し、利用することに同意します」とあるのでそれぞれ確認し「登録」とボタンをクリックして次に行きます。

基本情報の入力

次に基本情報を入力する欄が出るので、空欄の空いているところを入力していきます。

その後取引の目的や、外国の重要な公人でないかの確認があるので当てはまるものを選択し「確認」ボタンを押します。

さいごに基本情報の確認画面が出ますので、間違えがなければそのまま「登録」ボタンを押します

本人確認書類の提出

基本情報の登録が終わると、パスポートなどの本人確認書類を提出しなくてはいけません。

下の画面になりましたら、「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックし登録作業を続けます。

本人確認書類として提出できるのは、「運転免許証」「パスポート」「住民基本台帳カード」「在留カード」があり、この中から選択しネット上で提出します。

アップロードの方法は画像のところをクリックし、自分の写真フォルダの中から選択し提出します。また確認画面が出ますので「この内容で登録」を押します

私はパスポートを提出したのですが、自分の顔写真のとこと、一番後ろの住所が乗っているところの写真をアップロードします。

上のが終わると、本人確認書類のアップロード完了の画面が出ます。

本人確認は1日程度で終わると書いてあり、ハガキが来るまで本格的な取引などは待ちましょう。

二段階認証の設定

最後に二段階認証の設定を行っていきます。

はじめて二段階認証と聞く方は、何のことかと思うかもしれませんが、あなたの資産を守るためのもう一つのパスワードのようなものです

二段階認証の設定は、画面左のセキュリティーから行っていきます

画面のQRコードを読み取り、Google Authenticatorアプリに表示される6桁の番号を入力し「設定」を押してください。

ここまででbitbank(ビットバンク)への登録は終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)