BITPOINT(ビットポント)の登録方法。国内で一番最初にMT4(メタトレーダー)を導入した仮想通貨取引所

MT4の取引ツールが導入された仮想通貨取引所として注目を集めているBITPOINT(ビットポイント)

今回はBITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法を紹介していきたいと思います。

BITPOINT(ビットポイントとは)

BITPOINT(ビットポイント)は日本で始めてMT4を導入した仮想通貨取引所になります

MT4とはメタトレーダーの省略した呼び方で、4というのはバージョンになります。

このMT4は普通の取引よ口座のものと比べるとはるかに多くの機能が備わってたり、チャートの見やすさなどの特徴があります。

その中でも最大の特徴的なものが、自動売買ができるというところにあります。

スポンサーリンク


BITPOINT(ビットポイント)登録方法

BITPOINT(ビットポイント)の登録の大体の流れは「口座開設申込み」「申込み内容確認」「本人確認書類」「申込み完了」になっています。

まずはBITPOINTの公式ホームページを開いてください。

個人情報と、規約への同意

すると「口座開設」というところが右上にあるのでクリックして開きます。

開くとたくさんの記入しなくてはいけない空欄が出てくるので、それを一つずつ入力していきます。

最初に「ガイド規約類への同意」というと「お客様情報ご入力」のがあるので、そこに入力していきます。

「お客様情報ご入力」というところには、出勤先金融機関を入力しなくてはいけません。

他のとことは違い、アカウントの開設前に必須で行われますので記入してください

 

取引に必要な暗証番号のご登録

次に「お取引に必要な暗証番号のご登録」というところを入力していきます。

これもまた他の取引所では見ませんが、銀行の入出金する時と同じようなものですので入力してください。

暗証番号は登録画面にも書いているように暗証番号は忘れないように!

勤務先の入力

勤務先の入力では、「専業主婦の方、無職の方は【なし】」と記入し、自営業の方は名称と業種を書きます。

学生に関しては、学校名を書かなくてはいけません。学生の「所属部署」と「役職」に関しては無しで問題ありません。

 

確認事項の入力

次は「口座開設にあたってのご確認事項」を入力していきます。

またその下にはレバレッジ取引口座についての申込みもあるので、FXをしたい方はここから申し込んでおきましょう。

ここまで入力が終わったら「確認画面」を押していきます。

申し込み内容確認画面で問題がなければ、そのまま「次へ」を押し進みます

 

本人確認書類の提出

最後には本人確認の書類提出を行います。

基本的に提出できるものは、運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住民基本台帳カードになっています。

ちなみに私はパスポートで本人確認を提出しました。

本人確認を提出したら、もう特にすることはなく、審査が終わるのを待っていましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)